糖尿病の食事療法で悩んでいる方に

健康診断で異常が見つかり、病院に行って糖尿病という診断が下されてしまうと、誰もが一瞬、目の前が暗くなったように感じ、次に、もう二度と美味しいものを好きなだけ食べられるような生活には戻れないのだと思って、落ち込んでしまうような状態になることも珍しくはありません。

たしかに糖尿病は完治すると言うような病気ではないので、長い目で付き合っていかなければなりませんが、食事療法と言うのは結局のところ、食べ過ぎや好き嫌いをなくして、毎日バランスの良い食生活を送るよう努力するということなので、それほど深刻に考えることはないと思います。

健康な体になりたいからといって野菜だけをたくさん食べたり、脂肪が気になるので油や肉類を一切食べないという方法では、バランスが取れていないため、上手な食事療法とはいえず、逆に不健康になってしまうので注意が必要です。どんな食品にもそれぞれ栄養素があるため、野菜だけ、肉だけ、などは絶対に避け、適正量をバランス良く摂取することを考えなければなりません。

糖尿病の方にオススメの食事療法を知っておこうと調べたことがあるのですが、まずは医師から食事に関する指示カロリーを教えてもらい、それを元に、一日に食べる食事の献立を考えることが大切みたいですね。食品交換表を用意するなど、最初は面倒に感じるかも知れませんが、慣れればローテーションで献立を作れば良いので簡単です。

無駄なカロリーを抑えるとコレステロール対策にもなるので、糖尿病対策と共に、ダイエットも出来て、一石二鳥だと思いますね。